今年もあとわずかです ブログ

今年もあとわずかです

9月!

こんにちは。
朝晩は冷え込む季節となりました。

仕事するには丁度いい気温
今が一番仕事しやすいのではないでしょうか?

ブログも1ヶ月に1回ですが、歳をとるにつれて、1ヶ月も早く感じます。

さて今回は屋根の下地についてお話します。
屋根の葺き替えをする時、

昔の和瓦→今の平板瓦 または和瓦

の場合、比較的新しい家で野地板の状況が悪くなければ、そのまま、新しく瓦が施工できます。

しかし、もう少し年代が古くなると、そういうわけにもいきません。

昔は土を使って瓦を施工しておりまして、野地板の上に杉の皮を敷いてその上に土、その上に瓦という施工がしてあります。

そのため野地板が全面に敷いてあるとは限りません。野地板の間隔が大きく取り付けてある場合があります。

今は杉の皮を用いて、屋根瓦を施行することはまずありません。

ルーフィングという、防水性能に優れたシートがあります。
このシートは野地板の間隔が大きいと、その隙間から雨が入ります。

そうなった時、ホームセンターでも見たことあると思いますが、

構造用合板12ミリ

というものを、使用します。

本来なら大工さんが取り付けするものなのですが、屋根正では自分たちで施工します。

写真をみると、新築の屋根で見たことがあるかと思います。

また、
昔の和瓦→板金屋根
の場合、合板張りは必須となります。

屋根のめくり工事
屋根の下地工事
屋根の本体工事

を一括して自分たちでこなすことにより、スピーディーに対応することができます。

屋根工事ご検討の皆様、聞きたいことはなんでも聞いてください!
細かく、ご説明します!

屋根のことは屋根正まで

屋根は正しく美しく

そんな明日は板金工事です。

頑張りましょう。

明日も1日ご安全に☆

屋根正 村山 敏徳

CONTACT

お問い合わせ